ワーキングホリデー ワーキングホリデー2 よくある質問1 よくある質問2 よくある質問3 お問い合わせ
 

 

■よくある質問 その3

 
質問 クラスのレベルを変えることはできますか?
     答え

できます。先生に相談して一番自分に合ったレベルを確認してください。


質問 学校が自分に合わなかったら、転校はできますか?
     答え

できますが、支払った授業料が戻らない場合もありますので確認が必要です。
また、ビザの手続きが必要になることもありますので、よく確認しましょう。


質問 語学学校の他に、料理学校に通ったり、スポーツもしたいのですが両立はできますか?
     答え

社会人用の夜間クラスを利用すると可能です。
大学付属コースの場合大学の施設を利用できるので、トレーニングジムやテニスコートなどをどんどん活用しましょう。


質問 語学を学んだあとに、語学を生かして現地で働いてみたいのですが可能ですか?
     答え

可能ですが、学生ビザから就労ビザに変更が必要です。
就労ビザの取得はとても難しいので、インターンシップなどを利用するのもひとつの方法です。


質問 現地で留学期間の延長は可能ですか?
     答え

できます。その場合はインターサポートのスタッフまたは学校スタッフにお知らせください。


質問 滞在はどのような方法がありますか?
どの方法がお薦めですか?
     答え

滞在方法は主に、学生寮・ホームステイ・アパート・フラットシェアの4種類に分類されます。現地生活や英語に慣れる意味でも、語学力が不十分な間や到着直後はホームステイされることをお薦めします。慣れた時点で、アパートやフラットシェア、学生寮に変えることは全く問題ありません。
自分の目的やライフスタイルに合わせた滞在方法を選ぶことが、充実した海外生活を送るポイントになります。

Favorite

タバコ アレルギー

2017/11/1 更新


 

 

 
 
Copyright 2014 english is. All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster.