ワーキングホリデー ワーキングホリデー2 よくある質問1 よくある質問2 よくある質問3 お問い合わせ
 
お金について

 

■お金の持ち出し方法について

ある程度まとまったワーホリ資金を現地に持ち出す方法はいろいろあります。そこで代表的な方法をいくつか紹介したいと思います。
どの方法にもメリット、デメリットがありますので、現地の状況や、自分にあった方法などいろいろ検討してみてはいかがでしょうか。(為替や換金レートは常に変動していますので、必ず事前にチェックすることをお勧めします。) まぁ一番は自分が行きたい国へ行くことですが、その国の治安状況などもしっかりと見極めなければなりません。レートが良くても、現地でスリや強盗に遭わないとは言い切れませんからね。自分の身は自分で守る、心がけておいて下さいね!



●トラベラーズチェックにして持ち込む

一般的に現金の両替よりも良いレートでトラベラーズチェックを購入出来るうえ、万が一盗難などに遭った際にも再発行してもらえるので、大金を持ち運ぶのには良い方法だと言えます。 現地銀行で口座を開いた際にトラベラーズチェックを持参すれば、口座に入金してくれます。
トラベラーズチェックは現地通貨建てで作成することができるほか、日本円建てのチェックを作る事もできますので、その時点での為替レートなどを勘案して選択すれば良いでしょう。
難点は、金額に応じて手数料を取られる(手数料の有無や金額は銀行によって異なるほか、トラベラーズチェックの発行元が運営する両替所では手数料がかからないなどのサービスがある場合もあります。)と言うことと、1枚1枚にサインしないといけないので、金額が大きくなると手間が大変。



●現地の銀行口座を開いて、あとで日本から送金してもらう

現地に入ってから現地の銀行へ口座を開設し、そこへ日本からお金送ってもらう方法です。日本から送金する場合も、銀行からと郵便局からと2つの方法があります。
銀行からの場合、電子送金だと手数料は高いですが数日で送金出来ます。この場合、日本円を日本の銀行で現地通貨にして送金するか、現地の銀行に送金してから現地にて両替するかによって為替レートが変わります。コツは「円建て送金」。日本から日本円のまま現地の銀行へ送金すると、そこで現地通貨に両替することになりますので、換金レートがお得になります(国や銀行、その特の為替によっても変動しますので事前に必ずチェックしてください)。
郵便局からは、受取人の住所に直接為替証書が郵送される、「住所宛送金」というサービスがあります。受け取った証書は現地の銀行などで現金化してもらえます。手数料も銀行に比べると安いですが、証書の郵送にかなり時間がかかります。)



●日本の口座からキャッシュカードで引き出す

海外からでも引き出しができる口座を日本で作り、現地から必要なときに必要な分だけ引き出す方法です。この方法ではシティバンクや新生銀行が人気です。

現金を持ち運ぶ心配がない分安心ですが、引き出すたびに手数料が取られることと、換金レートが現地の両替商に比べると悪い場合もあります。また、一度に引き出せる金額が決まっているので、まとまった現金は引き出せない場合が多いようです。
そのほかこちらも手数料がかかりますが、クレジットカードにあるキャッシング機能を利用する方法もあります。

●日本にて現地通貨へ両替

日本の銀行などで、現地通貨に両替するのは一番簡単な方法です。しかし、大金を一度に両替してしまい、現地に現金を持参するのは防犯などの面から危険なので、当初必要な必要最低限の分だけを両替することをお勧めします。また、日本国内での換金レートはトラベラーズチェックなどと比較して一般的に10%程度割高です。



現地にて両替

現地にて日本円を現地通貨に両替する方が、日本の銀行などで両替するよりも一般的にレートが良いです。しかし、大金を現地で両替した場合、現金を持ち歩くのは大変危険ですので細心の注意が必要です。



●お勧めプラン


やはり大金を現金で持ち歩くのだけは避けたいところなので、とりあえず当面必要であろう金額だけを日本の銀行にて現地通貨に両替しましょう。そして日本にてあらかじめクレジットカードを作っておきます。クレジットカードの引き落としがされる日本の口座にもあらかじめお金を入金しておく事も忘れずに。これで急な出費や、大きな買い物などカードでできるので安心。スーパーでの買い物など、日常生活でも多用できます。

残りの現金は日本円のまま持ち込んで現地にて一番良いレートの両替商で両替し、現地で作った銀行口座へ速やかに入金。そして最後に、日本から残りの資金を必要に応じて送金(もちろん「円建て送金」ですよ)してもらう、というのがいいのではないかと思います。

 

■荷物の選択の前に、まず発想を変えよう!

ワーキングホリデーに行くのに、何を持っていくのか・・・荷物のパッキングを始めると「あれも」「これも」とたくさん思い出してしまい、大きなバックパックやスーツケースがパンパンになってしまう方も珍しくありません。
しかし、ここで少し発想を変えてみましょう。ワーキングホリデー対象の国々は決して未開の国ではありません。量販店に行けば、日本と同じようにほとんどのものが揃います。例えばアドライヤーなどは日本で「海外仕様」とされたものを購入するより現地で購入した方がずっと安く購入できます。衣料品も現地の気候や流行に合ったものが購入できるでしょう。
今の生活をそのまま海外に持ち出すのではなく、海外という新しい環境で新しい生活スタイルを創りあげる、そんな発想で取り組んでみてはいかがでしょうか。
旅行者としてではなく、生活者として身軽に自由に動き回ること、これもワキングホリデーの魅力の一つです。



■必須アイテム

ワーキングホリデーに行く際に、必須とも言えるアイテムをご紹介します。

  1. ビザとパスポート --- これは当たり前。
  2. 旅行傷害保険 --- 万一の事故や病気のために必ず加入しましょう。
  3. 携帯電話 --- プリペイド式のものを現地調達するのがお勧め。
  4. 国際免許証 --- 車に運転には必須です。
  5. クレジットカード --- レンタカーを借りる時やネット経由での航空券の予約には必須。
  6. 常備薬 --- 海外では処方箋がないと買えない薬も多いので注意しましょう。
  7. デジタルカメラ --- 本体以外に大容量メディアもお忘れなく。
  8. 電子辞書 --- 語学学校内だけでなく、携帯して日常生活でも活用できます。
  9. メール --- ホットメール、ヤフーメール、Gメールなどでアカウントを作っておきましょう。



■お金の話・・・いくら必要?

ワーキングホリデーに行くのにどれほどのお金がいるのか・・・これは渡航する国や滞在する都市によって全く違いますので、一概に答えられない質問です。また、どのようなレベルの生活をするのかによっても全く異なります。
例えば、かつて財布に入っていた2万円だけ持ちワーホリに行ったというツワモノもがいました。彼の場合、とにかく生活費を稼ぐために毎日、それも一日中アルバイトをしなければいけない状況だったそうです。一方で300万円を持ってきた女性のケースでは全くアルバイトをする必要はなかったのですが、素晴らしい住環境と食生活を得て、見事に1年間で300万円を使い切って帰国したそうです。

ワーキングホリデーは時間の使い方に自由度が高いビザですから、お金の使い方もその活動内容に比例します。一般的にオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの場合で100万円から150万円、イギリスで200万円ほどなどといわれていますが、やはり実際には個人差が大きく、それぞれのようです。

 

recommend

フランクミュラー マスタースクエア 買取
http://kaitori.housekihiroba.jp/

Last update:2017/1/13

 
Copyright 2014 english is. All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster.